読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐田恵麻のまみむめも

Sata Keima | 読書と映画の備忘録です。良かったら読んでね。

掃除の仕方

 

春ですね。

おはようございます、佐田恵麻です。

巷では桜が咲いてるみたいですね。僕はまだ見られていません。

 

僕は学生なので、あと数回春を迎えたら社会人になります。ドキドキですね。

今年は、とてもタイムリミットを意識します。

 

取りたい資格もしたい勉強も、まだまだたくさんあって、

でもそれ全部をする時間は学生でいられる時間よりも多くかかりそうです。

どうすればよいのでしょうね、困ったなぁ。

 

 

話は変わりますが、最近、掃除が趣味です。

掃除流行ってますよね。流行ってるものを追うのがすきです。

 

箱の中にいれて見返すことがなかったら捨てる、とか

ひとつ買ったらひとつ捨てる、とか

掃除のやり方は様々ありますが

僕の掃除のやり方は

部屋の見栄えをよくしてから収納の中を整理する  です。

 

当たり前だよって感じですね。ウケますね。

 

やはり掃除の目的は、と聞かれると

部屋を綺麗にみせたいから じゃないですか。

これ以上モノは置かない。と先に声明しておいて、

あとは捨てます。

収納に入らないものはザクザク捨てます。

 

 

……ここで、迷うんですよね。捨てるべきなのか、とか。

でも大抵のモノは「捨てるべき」です!

 

僕は一ヶ月に一度は掃除をするので、目安としては

前回捨てるか悩んだものの中で

持っていることを思い出さなかったもの を捨てます。

 

 

一ヶ月思い出さなかったものは一年経っても思い出しません。

 

寄せ書きに使った色紙の余りとか、

友人のパーティで使ったクラッカーとか

一年後思い出して「使おう」となりますか?

僕はなりません。

 

 未使用のモノが捨てにくい気持ち分かります。

そういう時は適当に使って捨てます、カレンダーの裏みたいに。

突然クラッカーを鳴らして生活に色を添えてください。

日常の中で使って使用済にすると捨てやすいです。

 

 

と、ここまで書いておいて何ですが、

僕は居候の身なのでザクザク掃除をしますが

自分の家ならこんなに思い切った掃除は

しなくてもいいんじゃないかなと思います。

 

同じ居候の身の方は参考にしてくださいね。

 

では。

 

 

2017.04 さた